顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/07/05

飲食店のエバンジェリストマーケティング

本日は、飲食店におけるSNS活用術の話題です。
インスタやフェイスブック、ツイッターなど既にSNSを活用されているお店も多いですが、今回はインフルエンサーエバンジェリストといった「情報伝道師」に焦点を絞った記事となりますので、最後までお付き合いください。

 

ちなみにインフルエンサーとは、簡単に表現すると情報拡散力が強い(影響力が強い)人のことです。
インフルエンサーは多くの人から「共感」を得ている存在であり、そのため彼らが発信する言葉の影響力は非常に強く、それが飲食店の話題であればフォロワーに対して強力な来店動機を形成します。

 

だから「インフルエンサーにウチの店の記事を発信してもらおう!」となる訳ですが、そう簡単な話ではありません。
他店に対して明確な独自性や強みがあればインフルエンサーの目にも止まりやすいですが、そもそもそれがあればインフルエンサーに頼らなくても自力で集客できるでしょう。
また、インフルエンサーは様々な情報に敏感であるため、貴店に留まってはくれません
さらに多くのフォロワーに対してアピールし集客するには、そのフォロワーの顧客属性が貴店のそれと合致しなければ集客効果は期待できません。

 

そこでもうひとつ紹介したいインフルエンサーと同じような概念として、「エバンジェリスト」というものがあります。
これは、貴店の商品やサービスの信者であり、その情報を広めてくれる人のことです。
違いは、インフルエンサーが貴店の「外」にいるのに対して、エバンジェリストは貴店の「内」にいる存在であるということです。

 

つまり、エバンジェリストは貴店の圧倒的なファンとして「このお店の〇〇は絶品だよ!」と情報拡散してくれる人なのです。
したがって、エバンジェリストはリピーターを育成し、VIP客を増やす「客育」のマーケティング戦略と合致します。
まずは、顧客台帳を基に圧倒的なファン層である「VIP客」からエバンジェリストを育ててみてはいかがでしょうか。

 

先ほども申しましたが、SNSやメール、アプリによるメッセージなどのデジタルメディアを通じてファンを獲得する場合にも「客育」の発想が必要になります。
具体的には下記の通りです。
1.発信内容に関する関心。(自分にとって必要な情報であるか否か。)
2.記事の書き手に関する関心。(書いているのはどんな人なのだろうか?)
3.お店や料理に関する関心。
4.新規客として来店。(料理を食べる・サービスを受けるという体験。)
5.リピーター。
6.VIP客。(圧倒的なファンになる。)
7.エバンジェリスト。(貴店の情報伝道師になる。)
この様な段階を経て、貴店のエバンジェリストになってくれます。

 

非常に遠い道のりですが、新規客 → リピーター → VIP客とそれぞれの来店動機に合ったサービスを心がければ、離反を防いでVIP客を増やすことが可能です。
あとは、「VIP客は、圧倒的なファンだから黙っていても来店してくれる」と思わずに、定期的に「感謝イベント」を実施しましょう。
ただし、VIP客にクーポンなどの値引き販促は逆効果となりますので注意してください。
VIP客は「特別扱い」して欲しいと(実際に口にはしませんが)思っています。
その特別扱いを感謝イベントという形で具体的に表現することで、SNS全盛のこの時代だからこそ「エバンジェリスト」として情報を拡散してくれる存在になるのです。

 

顧客関係性の発展(客育)については、下記に詳しく紹介しています。
================
■顧客関係性はバランス良く育てよう

顧客関係性はバランス良く育てよう

================

そして、客育をマーケティング戦略の中心に据えているお店の視察事例です。
================
■店舗視察事例:PCC ナチュラルマーケット

店舗視察事例:PCC ナチュラルマーケット

================
子供への「食育」を通じてファンを増やし、その子供が大人になったときにPCCをそのまま利用してもらうという「客育」は、年間700回も実施している料理教室や、学校に食材を持っていきアンケートを実施するなど徹底された活動を通じて実現しているものです。
きっと彼らは、PCCのエバンジェリストとして友人・知人を紹介してくれる存在になるはずです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
集客力アップの鍵は「食のインフルエンサー」。SNS時代における飲食店の販促とは
https://job.inshokuten.com/foodistMagazine/news/trend/detail/224?ref=foodist

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら