顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/06/17

「サーモン好きな女性客」に大人気な居酒屋

本日紹介するのは、東京都は杉並区にある「しゃけスタンド」という、鮭メニューを中心とした立ち飲み居酒屋さん。

 

とあるアンケートで「好きな寿司ネタ」男性がマグロ(中とろ)で56.4%女性がサーモンで52.6%という結果に。
と言う訳で、このお店のターゲット客は「サーモン好きな女性客」
理には適っていますが、少しニッチ過ぎないかと心配にもなります。

 

しかし記事を読むと、そのニッチな市場でカテゴリーNo.1のお店になるための工夫が徹底されていました。

 

メニューはもちろん、店名通り「しゃけ」を中心とした品揃え。
定番のコロッケにもしゃけを入れ、出汁も鰹節ではなく「鮭節」を使うなどの徹底ぶり。
この点は、しっかりとターゲットマーケティングが出来ている証拠です。

 

また、器やグラスもしゃけのデザイン、オリジナルバッグなども揃え、女性が「楽しめる場」を創っています。
立食形式ですが、カウンターと壁の間には十分なスペースを設ける、カウンターのテーブルを大きくする、など少量で数多くの料理を注文しシェアすることを楽しめる空間づくりを行っています。

 

この「店舗体験」という時間や空間づくりは、「モノ」営業から脱却し、「コト」の価値を提供することで強い来店動機を形成しているお店の共通点となっていますね。
口コミを見ても「店内も素敵な店員さんと素敵なお客さんで溢れ、とても居心地のいい空間です」と、お店の「楽しめる空間」という価値がしっかりとお客様に伝わっている様です。

 

このお店も、改めてターゲットマーケティングの重要性を教えてくれる良い事例かと思います。
下記のお店も、「しゃけスタンド」同様に、ターゲット顧客が明確なお店の事例です。
================
■店舗視察例:QUALITY FOOD CENTER

店舗視察例:QUALITY FOOD CENTER

================
実は、このお店の正面にはSafewayというアメリカで1300店舗を超える強力な競合店があります。
しかし「Kosher」に代表されるようなユダヤ人向けの独自コンセプトで対抗できているとのことでした。
事例を見ていただけると分かりますが、ユダヤ人向けの商品を充実させているだけでなく、彼らのライフスタイルに最適化されたお店づくりを売場全体で行っているのが分かります。

 

ターゲット層を絞り込めていないという場合、この様なお店を参考にされてはいかがでしょうか。
お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
『しゃけスタンド』が女性客に選ばれるのはなぜ? 「立ち飲み」でも居心地がいい、その理由
https://www.inshokuten.com/foodist/article/5363/

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら