顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/04/26

グローサラントが若者の外食離れを加速?

若者やサラリーマンの生活の一部として利用されてきた外食業界の有名チェーン店が、客離れや業績低迷で苦戦しています。
本日紹介するのは、そんな「若者の外食離れ」に関する考察記事です。

 

外部データによる調査では、30歳未満の単身勤労世帯の消費実態をみると男女ともに外食費が減少惣菜などの支出が増加
一方で、献立と人数分の材料を1セットにしておよそ20分で料理が作れるミールキットの宅配サービスを展開するオイシックスですが、2013年にから事業をスタートさせ、累計販売数250万、定期会員数が3万人を突破し「食の時短ビジネス」で仕事をしながら働く忙しい女性の心をつかんでいます

 

また、帝国データバンクによると2017年の飲食店の倒産件数は過去最高を記録。
これらのデータからも、若者が自炊や中食へとシフトする需要が増えていると判断できます。

 

引用記事に「本格的な自炊は面倒でできないが、スーパーや自炊コンビニの冷凍食品やお惣菜に『ちょい足し』する工夫で、食生活の幅が広がった」とあるように、ミールキット(半調理品)を活用した「プチ自炊」を行う人が今後も増えていく可能性があります。
これは、若者だけでなく高齢者にも言える事でしょう。

 

糖質制限やダイエットなど健康志向が高まる中、外食チェン店のメニューはやはり栄養面で不安があるものが多く、それが若者の外食チェーン客離れを加速している要因になっているのではないかと思います。

 

「食の時短ビジネス」についてはアメリカでも同じ現象がおきていて、グローサリーストア(スーパーマーケット)とレストランの機能を融合させた「グローサラント」という新業態が増えてきています。
グローサラントの基本戦略は、
①レストランで店内の食材を使った美味しい料理を食べながら楽しい時間を過ごしてもらう
②楽しい時間を過ごして気に入った料理の食材やミールキット(半調理品)などを買って帰ってもらう
という、食を通じた店舗体験と生鮮食品の購入とを一体化させたものです。

 

ちなみにミールキットとは、自宅に帰りキット化された食材(カット野菜や下味が付いたお肉、スープなど)を鍋に入れて火を入れるだけで手軽にプロ並みの料理が再現できるというものです。
このようにグローサラントやミールキットの概念は、飲食店で外食をする機会を更に奪う可能性があります。

 

「食の時短」の目的でミールキットの利用が増え、それに呼応するかのようにスーパーのレストラン化という店舗体験を強化した「グローサラント」が増えているアメリカの小売市場について紹介したページです。
================
■「グローサラント」という新業態の考察

「グローサラント」という新業態の考察

================

これからの飲食店は「美味しい料理を提供する場」ではなく、「美味しい料理を通じて、幸せな時間を過ごしていただける場」へと進化していく必要があることを強く感じます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

================
【引用記事】
外食チェーン客離れの一因か 自炊・中食にシフトした若者たちの事情
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190424-00000003-moneypost-bus_all
================

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら