顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/04/09

不適切動画問題への対策について考える

先日から世間を騒がせ、外食産業を震撼させている不適切動画問題
「バイトテロ」という言葉は、個人的に使いたくありません。
しかし、飲食店経営者からすればそれほど死活問題として店舗経営に大きなダメージを与えてしまうということでもあります。

 

今回は、そんなご時世を反映した「不適切動画問題専門のコンサルタント」の話題です。
世の中には様々なコンサルタントがいますが「不適切動画問題専門」というのは聞いたことがありませんでした。

 

以前にもブログで指摘しましたが、この問題の本質は「人財不足」にあると思います。
外食産業は永年「人材不足」に悩まされてきました。
とにかく人手を確保することで手一杯で、「人財(経営理念を理解し貢献できる人)」育成まで手が回っていないという企業も多いです。
従業員にとって、仕事の目的がお客様や社会全体へ貢献したいという高い志を持って行う「志事」にならなければ、同じことがまた繰り返される事になると思います。

 

今回の「不適切動画問題専門のコンサルタント」は、まさにその点を実践されているようです。
一緒にホールスタッフとして現場に立ち、アルバイトやパートさんの一挙手一投足をチェック良い行いはきちんと評価する。
職種によるものではなく、やる気があるスタッフには相応の評価と職責を担ってもらうなど、徹底的にモチベーションの向上に努めています。

 

損害賠償請求などの抑止効果も必要だとは思いますが、本質的には「お客様に喜んでいただく事が好き」というサービス精神を育成することが大切なのではないでしょうか。

 

今回の事例は、組織においてモチベーション向上と言う観点で、スタッフへの教育や評価を軽んじるべきではないということを教えてくれています。
今回の記事にちなんで、アメリカの視察店舗において、スタッフさんの笑顔やサービスのクオリティが非常に高いと感じたお店を紹介します。
================
■店舗視察事例:PUBLIX

店舗視察事例:PUBLIX

================
パブリックスは「顧客満足度No.1の店舗」と評価されているスーパーです。
詳しくは記事をご覧いただきたいですが、高い顧客満足を実現しているのは当然ですがスタッフです。
「社員から見た働きやすい企業100選」に常に選ばれている企業でもあります。
結局のところ、「Happy Employees Equal Happy Customers!(従業員満足無くして、お客様満足無し)」ですね。

 

本部の方針により、なんとストアレベルで毎日、従業員教育を実施しているのだそうです。
皆様の店舗では、教育や評価はどの様に行われているでしょうか。
評価は、ほんの些細なことでも良いので、しっかりと「形」として表すことが重要です。
それがアルバイトさんにとっては次の仕事へのモチベーションに繋がります。

 

参考になれば幸いです。
本日も、お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
【イマドキの仕事人】バイトテロ防ぐ 飲食店専門コンサルタント
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2019/04/08/kiji/20190407s00042000469000c.html

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら