顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/04/01

「焼肉ライク」の郊外進出は成功するのか?

本日紹介するのは、「ひとり焼肉」という新しい焼肉スタイルを提唱して拡大中の「焼肉ライク」というお店です。

 

昔は焼肉といえばホットプレートを囲み家族皆で食べるものでした。
その流れで、焼肉と言えば今現在も家族連れなど複数人で焼き台を囲む、というスタイルが一般的です。

 

しかし、少子高齢化や単身世帯の増加で「食」の在り方が変わりつつあります
セブンイレブンの「セブンプレミアム」も、少子高齢化、単身世帯の増加、女性の社会進出など市場の変化を上手くとらえて2016年度では売上高1兆円1500億円を達成するまでに成長しています。

 

さてこの焼肉ライクですが、店内はほぼカウンター席で構成、テーブルには配膳用のトレーが綺麗に収まるように溝が刻まれており、焼き台は1人につき1台、メニュー構成もほぼ定食スタイル、肉にもタレで下味が付いているなど、徹底的にひとり焼肉スタイルに徹しており回転率を高める工夫がなされています。

 

「一般の焼肉店に独りでは入れない人」
「会社帰りの会社員」
など、ターゲット客が明確に「おひとり様」に設定されているお店です。

 

過剰なサービスなども行われていないようですが、むしろターゲットが「おひとり様」なので「お客の注文を受けてから3分以内に提供」など回転率にこだわった仕組みに徹しているようです。

 

引用記事にある通り、「低単価、高回転」を実現することで肉の原価をアップさせ、お客の満足度を高める、というのがこのお店が「提供する価値」です。

 

いつもの様に焼肉ライクの「利用シーンマーケティング」をまとめると、
「誰に」:単身者、焼肉店に独りでは入れない人
「何を」:定食スタイルのメニュー
「どの様に」:都市部を中心に出店、立食スタイル
と、ターゲット顧客である単身者に最適化されたマーケティングが展開されているのが分かります。

 

しかし、今回の記事によると「焼肉ライク」のマーケティングが変化したとのこと。
なんでも5年で300店舗展開という目標を達成するために「郊外に進出」するというのです。

 

郊外ではファミリー需要が増すので、今回の郊外1号店では、1人1台のロースター(おひとり様向け)だけでなく、半分以上がファミリー席(2人で1台のロースターを共有・着座スタイル)となっているようです。
さらに、子供向けのメニューも充実させるなど「ファミリー需要」を満たす内容になっています。

 

この様に提供するメニュー数は都心部のお店より増えるものの、しかし一方で「3分」という提供時間は超えないようにしているとのこと。
この郊外店では、単身者も家族連れも両方取り込みたいという意図が見えてきます。

 

しかし、ターゲット顧客にブレが生じると、「利用シーン」にもブレが生じます
高級路線で担当者制であった大塚家具が、「より良い物を・より安く」と値引きやセールを始めた途端、瞬間的には売上が向上しましたが、その後は低迷の一途を辿っていることがそれを象徴しています。

 

個人的には、都市部のお店中心に「ひとり焼肉」の需要取り込みに徹した方が良いと思っています。
さて、この「焼肉ライク」の郊外進出という拡大戦略が上手くいくのかどうか、個人的に非常に関心があるので今後も注目しておきたいと思います。

 

10年以上まえから「ターゲットマーケティング」にブレがないアメリカのお店の紹介です。
================
■店舗視察例:ニューシーズンズマーケット

店舗視察例:ニューシーズンズマーケット

================
「環境意識が高い人」をターゲットにサスティナブル戦略No.1のお店としてチェーン展開。
出展するエリアもターゲット顧客が住んでいるエリアに限定して出店するという徹底ぶりです。

 

その点は、「焼肉ライク」の都市型店舗とマーケティングスタイルは似ています。

 

参考になれば幸いです。
いつも、お読みいただきありがとうございます。

 

 

【引用記事】
1人焼き肉の「焼肉ライク」が郊外初出店 加速する「5年で300店」の野望
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000067-zdn_mkt-bus_all&p=1

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら