顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/03/25

創業45年立地が悪くても繁盛し続けるお店

本日紹介するのは、横浜市旭区上白根町にある「とん春」というお店です。
引用記事によると、最寄駅のJR横浜線中山駅からは歩いて30分ほどかかるという場所。

 

WEB上で口コミを探しても、なかなか情報を発見できません。
それほどに「通りすがり客」を集客するのが難しい立地です。
にもかかわらず、創業して45年を迎えているというから立派です。

 

詳しいデータがあるわけではありませんが、一般的に外食産業は2年後生存率が50%、10年後生存率が10%以下と言われる厳しい業界。
その様ななか、45年も繁盛し続ける理由を記事から探ってみます。
================
1.メニューのクオリティの高さ
2.端々にまで行き届いた心遣い
3.地元のコミュニティの場になっている
================
この3点が要点として挙げられます。

 

ただ「美味しい」だけでなく、お客様からのどんな要望にもこたえてくれる店主の接客スタイルが地元のエリア客から大きな支持を得ることが出来ている要因となっています。
「二人でこの店を訪れた際、商品それぞれを一本ずつ2皿に盛り分けてもってくる」
「取り皿は、肴がかわるたびに出してくれる」
「客の不意のエクストラリクエストにも臨機応変に対応」
立地が不利である分、店舗周辺のエリア客(地元客)から好かれる様におもてなしが徹底されていることが分かります。

 

価格が高い・安いといった損得で判断する「理性」と、付加価値など主観・好き嫌いで判断する「感性」
人が何かを選択する意思決定の過程において、どちらが優先されるのでしょうか。

 

例えば、
1.ちょっと安いけど、嫌いなお店
2.ちょっと高いけど、好きなお店
だと、一般的には「好き」という付加価値がある2のお店の方が選ばれやすいのです。

 

更に、この「とん春」では、エリア客から「好かれる」ために、おもてなしが徹底されているだけではありませんでした。
引用記事によると、お客様の荷物を一時的に預かったり、お店に入り食べるわけでもなく挨拶だけして帰っていくお客様もいるなど、地元のコミュニティの場になっていることが分かります。

 

店主の「おもてなし精神」は、熊本地震の被災者の受け入れを行うなど強い信念を感じます。
その結果が、コミュニティとして成立するに至ったと言えるでしょう。

 

いつもの様に利用シーンマーケティングの論法でまとめると、
================
「誰に」:エリア客(地元客)
「何を」:クオリティが高い料理、端々にまで行き届いた心遣い(ホスピタリティ)
「どの様に」:地元客のコミュニティの場にする
================
特に郊外や住宅地にあるお店では、エリア客から「好かれる」お店にならなければ、生き残るのは難しいでしょう。
「とん春」の事例は、とても参考になるかと思います。

 

同じように、エリア客から圧倒的な支持を得ているお店の事例です。
================
■店舗視察事例:GIANT FOOD

店舗視察事例:GIANT FOOD

================
双方お店の共通点は、地元のエリア客に支持を得るための取り込みが徹底されていること。
「近隣の協会に行く」「社用車で街を巡回し、生活に困っている方がいたら寄付をする」「街の癌の患者さんに寄付をする」などの取り組みは、簡単に出来る事ではありません。

 

これもターゲット顧客が「近隣住民」と明確になっているからです。
皆様のお店の「ターゲット顧客」とその「利用シーン」は何でしょうか。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
「横浜の奥地」にある小さな居酒屋がいつまでも繁盛している理由
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63570

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら