顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/03/07

歓送迎会シーズンの販促・集客ノウハウ

本日の引用記事は、歓送迎会シーズンにおける春の集客アイデアを取りまとめたものです。
飲食店を経営する皆様にとっては、重要なシーズンなので紹介します。

 

その前に、過去の実績から販促・集客の反応率を向上させるポイントを5つ挙げておきます。
================
【販促の反応率向上5ヶ条】
①「価格型」の販促ばかりを行わないこと。「限定型」「適時型」など、値引き以外の販促も実施する。
②「自分事」と思わせるメッセージを送る。
③「起承転結」で告知文を作らないこと。特典などの結論は冒頭に。
④写真をつける。
⑤書き手が「どんな人なのか?」という個性を表現して読み手を安心させる。
================
この中で特に重要なのが、
・販促の対象を絞ることで、お客様にとって「自分事」と思ってもらえる企画にする
・それに連動した「価格型」「限定型」「適時型」などの企画にする
この2つです。

 

VIP客への感謝企画などは「限定型」に相当しますし、誕生日などの記念日は「適時型」になります。
いつも申し上げていることですが、まずは販促の対象である「誰に」を決めると企画内容が具体化しやすいです。

 

上記5ヶ条を複数組み合わせしても良いと思います。
例えば、「来月誕生日を迎える」+「VIPランクのお客様」といった具合です。
VIPランクのお客様は、貴店のファン層なので特別な感謝イベントを実施することで、SNSによる情報拡散が期待できます。

 

引用記事のアイデアで主だったものを、上記の5ヶ条なりにまとめると下記の通りです。
================
【自分事】:お客様にとって「私のために送られてきた」と思えるメッセージ
・「春らしい名前」のお客様を割引
・花粉症に効くオリジナルメニュー
 
【利用シーン】:お客様の「利用シーン」を想定したメッセージ
・店内の集客にこだわらない「お花見セット」
・友達同士でも楽しめる「ホワイトデー」のスイーツセット
 
【適時型】:誕生日や季節など「特別な日」のタイミングで送るメッセージ
・さよなら平成リバイバルメニュー
・春野菜やフルーツを使った彩りメニュー
・SNSも賑わう「晴れ着」割
================

 

「春の集客アイデア」10連発をそのまま真似るのではなく、皆様のお店の顧客層や利用シーンを想定して企画することが最も大切です。
その上で、上記のテクニックを使って「誰に」「何を」「どの様に」という順番で企画をまとめると反応率が向上するはずです。

 

販促の反応率向上についてまとめたページです。
================
■販促の反応率向上5ヶ条:前編

販促の反応率向上5ヶ条:前編

■販促の反応率向上5ヶ条:後編

販促の反応率向上5ヶ条:後編

================

春の集客の参考になれば幸いです。
お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
飲食店の「春の集客アイデア」10連発。宴会客狙った「販促」&「メニュー」で売上アップ!
https://www.inshokuten.com/foodist/article/5236/

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら