顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2019/01/25

飲食店における、2月の閑散期対策について

本日の引用記事は、業態にもよりますが2月の閑散期をどう活用するか、という内容に関するものです。

 

引用記事をざっとまとめると下記の通り。
================
1、団体向けプランの充実
2、貸切りプランを打ち出す
3、常連客向け試食会などの開催
4、お店のコンセプトを伝える食のイベントを開催
5、期間限定スタンプラリー
================
これに加えて、普段なかなか時間がつくれない接客力向上や理念教育の時間に充てても良いと思います。

 

この中で特におすすめなのが、
3、常連客向け試食会などの開催
4、お店のコンセプトを伝える食のイベントを開催
の2つです。

 

皆様は、お店の売上に多大な貢献をしてくれているVIP客の離反理由の中で、最も高い比率を占める理由は何だと思いますか?
それは、「自分が大切に扱われていないと感じた(従業員の無関心な態度)」です。
なんと68%ものお客様がそう回答されているデータが存在しています。

 

つまり、「感謝イベント」など具体的なケアをしないとVIP客は「自尊心を傷つけられた」と感じて離反してしまいます。
そして、不満を感じた顧客の90%程度は何も言わずに離反する行動をとります。
これをマーケティングの世界では「グッドマンの法則」と呼んでいます。

 

常連のお客様に対しては、名前で呼ぶなどの工夫をされているかと思いますが、それだけでは不充分です。
常連客は「自分をもっと大切に扱ってほしい」という自尊心があります。

 

「常連客向け試食会」などは、VIP客への日頃のご愛顧への感謝を伝えるイベントとして、VIP離反を予防する意味でもとても有効です。
「VIP客への感謝イベント」年に1回でも良いので、一度実施してみてください。

 

VIP離反やグッドマンの法則については、下記のページで詳しく解説しています。
================
■グッドマンの法則

グッドマンの法則

================

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】
2月は飲食店の閑散期。売上を確保するための「集客ポイント」は?
https://www.inshokuten.com/foodist/article/5183/

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら