顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/10/05

次の更新はアメリカから戻った10月16日です

台風25号がやってくる中で無事に出発できるか心配ですが、10月8日(月)からアメリカの成功店舗視察に行ってきます。
前回は、ポートランド~シアトルのコースでしたが、今回は下記の4都市を訪問してきます。

 

①リッチモンド
②シンシナティ
③シカゴ
④シアトル

 

以前にもお伝えしましたが、主な訪問店舗は下記の通りです。
==========================
①リッチモンド
・ウェグマンズ
 85店舗。
 高付加価値・オーガニック食品の品揃えとミールソリューション(食事の解決策)が強み。
・パブリックス
 1,200店舗。
 従業員の士気こそが企業の繁栄をもたらす、を理念とする。
 チェーン店でありながら顧客満足度・従業員満足度ともに高い「サービス体験型」スーパー。
・アルディ
 世界で10,000店舗。
 ドイツ発祥のスーパーマーケットチェーン。
 徹底した安売り戦略・ローコストオペレーションで規模拡大中。
・リドル
 世界で10,000店舗。
 ドイツの人気ディスカウントスーパーでアルディと競合。アルディよりも質重視。
 
②シンシナティ
・クローガー
 約2700店舗展開するウォルマートに続くスーパーチェーン大手。
 1000店舗で実施中のオンラインピックアップサービス「ClickList」のサービスを視察。
 
③シカゴ
・マリアノス
 クローガー傘下。人気急上昇中の食品スーパー。
・イータリー
 イタリア発祥。「食材+レストラン」がコンセプトの高級スーパー。
 
④シアトル
・Amazon Go
 2021年までに3000店舗もの「Amazon Go」ストアをオープンする計画があるという
 セルフ決済コンビニ。
 会計業務のコストを削減する代わりに、厨房設備が充実。
 忙しいビジネスマンに出来立ての総菜を提供するストアコンセプト。
 
 その他、おなじみのPCCナチュラルマーケットやニューシーズンズマーケットなども視察してきます。
==========================

 

今回の目玉は、個人的には何と言ってもAmazon Go
様々なマーケッターが記事にしている未来型店舗。
その実態を見てきます。

 

撮影が許可されるかは分かりませんが、できるだけディテールを皆様にお伝え出来る様に頑張ってくるつもりです。

 

そして、今回のアメリカ視察の内容を反映した「新規客を優良客に育てるための『3つのロジック』 第2版」を執筆します。
その内容を含んだ書籍を希望される方や出張セミナーを希望される方がいらっしゃいましたら、申込書を画像にてUPしておきますので、お手数ですが印刷の上でFAXください。

 

Facebookページ及びオフィシャルサイトのブログ更新は、アメリカから帰ってきた2018年10月16日(火)からとなります。
それまでは、私のFacebook個人のページにて、アメリカ現地からのトピックスをお伝えしていく予定です。

 

【Facebook】
https://www.facebook.com/ushio.tanaka.7

 

お読みいただきありがとうございました。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら