顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/09/14

ローソンとアマゾンが見据える小売業の未来

ローソンが、小売店におけるセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」を本格的に展開するもようです。
ネーミングはアレですが、スマホアプリで商品のバーコードを読み取ってセルフ決済するというもの。

 

ターゲットは、ずばり「Amazon Go」
しかし、記事をよく読むと狙っている方向性が大きく違うのが分かります。

 

「会計時にレジに並ばなくても良い」という利用者の利便性アップに加え、会計業務の効率化による「人手不足の解消」というのがこのサービスの狙いです。
ローソンでは、最終的には「深夜帯のレジの無人化」を考えているようです。
更に、将来的には(アプリではなく)RFID(非接触型の電子タグ)を使うことで、セルフレジによる商品スキャン無しの自動決済、そして検品や棚卸作業の効率化も図っていく考え。

 

確かにカメラで商品をスキャンするAmazon Goと違い、RFIDであれば電波で商品を自動認識するのでより快適に、そして簡単に決済することが可能になります。
「20円の商品に電子タグをつけるのか?」というコスト面の問題もありますが、単に効率化という点ではローソン方式の方が利点が多いでしょう。

 

しかし、「Amazon Go」の狙いは単なる効率化ではありません

・「ローソンスマホペイ」:セルフ決済によるコスト削減や、購買回転率上昇による売上向上などが主目的。
・「Amazon Go」:顧客価値が低いレジ業務の人件費を削減、代わりに厨房を充実させ顧客価値が高い商品(出来立ての総菜など)を提供、といった店舗体験の品質向上が主目的。

Amazon Goでは、お店の付加価値を高める手段としてセルフ決済による効率化を行っています。

 

2017年の1年でアメリカの7000を超える小売業が廃業に追い込まれたという「アマゾンエフェクト」。
ローソンの「ローソンスマホペイ」がそれを打開する切り札になるのか否か。

 

10月には、私も渡米して「Amazon Go」を視察してこようと考えています。
店内の撮影許可が出た場合には、改めて「Amazon Go」ってこんなお店でした、という報告をしたいと考えています。
楽しみにしていてください。

 

Amazon Goについて、以前詳しく紹介した記事です。
==========================
■いよいよAmazon Goがチェーン展開!

いよいよAmazon Goがチェーン展開!

==========================
ターゲット顧客に合わせて、立地戦略も明確なのが分かります。
同じセルフ決裁コンビニでも、「誰に」→「何を」→「どの様に」というストーリーが、ローソンとアマゾンでは違います。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】「Amazon Goより日本に合う」――レジ待ちゼロ「ローソンスマホペイ」の先の未来 (1/2)

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら