顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/09/12

「集客」の反応率を上げる「自分事」とは?

まだまだ残暑厳しいですが、いくぶん涼しくなり秋の気配もしてきました。
今回は、そんな「秋」にまつわる集客アイデアの記事を紹介します。

 

引用記事にある集客アイデアを見ていただくと、必ずしもクーポンや割引といった価格訴求型の手法ではないことが分かります。

 

お客様は、基本的に営業ばかりされるのを嫌います。
特に常連客になれば、なおさらです。
したがって、
・「価格型」:クーポンなど価格訴求を行う
・ 「解決型」:健康や美意識など、お悩みを解決する
・ 「限定型」:希少価値やご贔屓などターゲットを絞る
・「適時型」:本日限定などトキ消費を訴求する
この様に、様々な話題を組み合わせて訴求すると効果的です。

 

また、ターゲットを絞り、その顧客層に沿った言葉や企画で伝えることも重要になります。
下記は、実際に行った特典付販促の反応率(来店率)を集計したデータです。

 

(一斉配信)
・会員限定無料サービス:10.10%
・〇〇月のキャンペーンのお知らせ:13.04%
・GW割引キャンペーンのお知らせ:21.43%
・年末お得キャンペーンのお知らせ:13.21%
・本日限定イベント:22.22%
 

(ターゲット限定配信)
・お誕生日おめでとうございます:44.44%
・〇〇月のお誕生日メッセージです:24.95%
・VIP会員様限定クーポン:28.31%

 
(反応率平均)
一斉配信型の販促メッセージの反応率:16.00%
顧客台帳データを活用した記念日販促の反応率:32.57%

 

一斉配信型よりも、「誕生日」や「VIP客」などターゲットを絞った販促の方が、2倍以上反応率が高くなっています。
記念日や顧客ランクなどターゲットを絞ることで、お客様は告知に対して「自分のために」という共感が強くなります。
引用記事のアイデア集を参考に、集客の企画や対象を見直してみてはいかがでしょうか。

 

今回の引用記事に関連して、「販促の反応率向上5ヶ条」としてまとめたページを紹介します。
==========================
■販促の反応率向上5ヶ条:前編

販促の反応率向上5ヶ条:前編

==========================
==========================
■販促の反応率向上5ヶ条:後編

販促の反応率向上5ヶ条:後編

==========================
告知において、「自分事」と「起承転結で作らない」は特に重要です。
秋の集客策の参考になれば幸いです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】飲食店の「秋の集客アイデア」10連発。季節を演出する「販促」&「メニュー」で売上アップ!

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら