顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/09/07

「ワインの楽しみ方」を提供する繁盛店

今回は、「ワインを楽しむ」がコンセプトの繁盛店「ヴィノシティ」の紹介記事。
このお店は、東京都千代田区にお店を構えるお店ですが、特徴は「ワイン居酒屋」という名の通り美味しいワインが豊富に常備されていることです。

 

このお店の特徴は、コンセプトが「美味しいワインを楽しく飲んでいただく」という点にあります。
したがって、塩辛も赤ワインに合うようにバターで炒めて胡椒をふるなど、料理も「ワインを楽しむ」というコンセプトで統一されています。

 

実際に口コミを見てみると、
「ワイン好きには、堪えられないワインバー!」
「ワインを楽しく飲もう♪」
「ワイン好きな人から初心者まで気軽に立ち寄れるワイン居酒屋」
「料理もお店の方の気づかいも全てが大満足~。」
などと、お店の狙い通りワインを通じたサービスに満足しているお客様が非常に多いです。

 

これは単にワインや料理が美味しいだけでなく、お店がワインの飲み方などのマナーを学べる場所であることや、出来るだけお客様をお待たせしない・空席をつくらない努力をするなど、カスタマーサービスも「ワインを楽しんでいただく」コンセプトを実現するために徹底されていることが功を奏した結果です。

 

外食産業は成熟しており、コンビニなど他業界の脅威にも晒されています。
オーナー曰く飲食店の強みは、
「ただ美味しいではなく、こう美味しい、だから美味しいと伝えていける、ぬくもりのあるサービスができます」
とのこと。
これは、コンビニエンスストアの弁当や「チョイ飲み」ビジネスに飲食店がどう向き合うべきなのか、に対する明確な回答だと言えます。

 

成功しているお店の特徴は、「体験」という価値を最大化させる「コト売り」が独自性となっていること。
それを生み出すには、「誰に」「どんな体験を」していただきたいのか、というストーリー創りが必要です。
そうすれば自ずと「どのように」すれば、それをターゲット顧客に伝えられるのか、が明確になると思います。

 

今回の事例のように、カスタマーサービスを収益の向上につながるマーケティング活動として取り組んだ小売店の事例です。
==========================
■成功店舗から学ぶ「カスタマーサービス」の本質

成功店舗から学ぶ「カスタマーサービス」の本質

==========================
このお店も、ターゲット顧客にとっての「happyな体験」、そしてそれを実現する手段に至るまでが徹底されているのが分かります。

 

参考になれば幸いです。
お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】『ヴィノシティ』藤森 真氏が語る繁盛店の条件。すべては「お客様のために」

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら