顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/07/30

飲食店での効果的な販促術

面白い記事を見かけました。
飲食店におけるSNS活用術に関するものです。

 

記事では、不特定多数への「割引サービス」を展開することに対して、販促効果上のデメリットがあることを指摘しています。
割引サービスは、やり過ぎるとクーポン目的の「バーゲンハンター」しか来店しなくなってしまうばかりか、「常連客の不満」を誘発する最悪のケースに陥ってしまうこともあります。

 

効果の実効性はともかくとして、記事中にはSNSを活用した集客アイデアとして、
・「マサシ」さん限定サービス
・イニシャル割と双子割
・「血液型割引」
などが挙がっていますが、これらには「ある共通点」があります。

 

それは「自分事」と思わせるメッセージであることです。
「自分事」とは、お客様にとっての「自分の事」を差しています。
「あ、これ私のために送られてきたんだ!」と思って貰えるメッセージになっているということです。

 

SNSやメール、アプリなどは便利ですので、つい「○○%引き!」というメッセージを乱発してしまいがちですが、基本的にお客様は営業されることを嫌います
しかし、ターゲットを絞り、そのターゲットに最適化された企画を展開することで、強い「共感」を生むことができます。

 

上記の販促アイデアは、まさに共感を生む「自分事」販促に該当するものです。
「自分事」は、他にも常連客(VIP客)限定、新規客限定、記念日販促も自分事に該当します。
つい面倒なのでターゲットを絞らずに一斉配信しがちですが、一度「自分事」販促を実践してみてください。
手間をかけた分、その効果を実感していただけるかと思います。

 

「自分事」販促を行うと、上手くいけば「特典無し」でも高い集客を実現できることがあります。
===========================
■クーポン無しの販促で集客に成功した居酒屋さん

クーポン無しの販促で集客に成功した居酒屋さん

===========================
上記の事例は、販促ロジックとしてはシンプルですが、意外に実践しているお店が少ないです。
地道に顧客台帳データを取得し、「自分事」販促に徹することで成功した事例と言えます。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

【引用記事】SNSでの反響も期待できる、飲食店の割引サービス7選。集客効果を得るには「話題性」が大切

https://www.inshokuten.com/foodist/article/4923/

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら