顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/05/25

地域密着型店舗のブランドステートメント

本日は、大分の飲食チェーン店を経営するお客様と、顧客台帳経営を実現するためのシステム導入の件で打ち合わせでした。

 

私は、地域密着型店舗であるからこそ、地元のお客様へのブランディングが重要だと考えています。
その為には、感覚ではなく客観的・科学的なデータに基づく顧客台帳経営が必要不可欠です。
まずは、お客様を知り「誰に」「どんな価値の提供を」約束するお店なのか?
これがお客様に伝わることで、他店にはない独自性を認識してもらえ、直接的な来店動機を形成することができます。

 

これに関連しますが、貴店では「ブランドステートメント」を作成していますか?

 

ブランドステートメントとは、正確に定義するとブランドの使命・価値観・ポジショニングなどを明文化したものでブランドに関するすべての活動の拠り所。
ということになりますが、要するに「ブランドの文章化」です。
「ブランドの文章化???」と不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、この考え方はリピーターを増やす為に、とても重要な作業なのです。

 

文章化とは、具体的には下記の様になります。

 

「○○と言えば、□□」

 

□□は、貴店の店舗名です。
○○が、“約束する価値”つまり貴方の店舗の独自性となります。

 

貴店の価値を文章化するとなると、意外に難しいのではないかと思います。
でもこれ、貴方の店舗が「忘れられない」ために必要な作業なのです。
ブランドの機能のひとつに、助成想起というものがあります。
ヒントがあれば、そのブランドを連想することができるというものです。

 

さてここで、もうひとつ問題です。

 

「ゴホンと言えば、□□」
「お口の恋人、△△」

 

いかがですか?
これは、誰でも分かりますよね。

 

「ゴホンと言えば、龍角散」
「お口の恋人、ロッテ」

 

です。

 

前半の〇〇は競争市場(競合店)における、自己定義(貴方の店舗の独自性)
後半は、それぞれの固有のブランド名

 

つまり、どんな市場で・誰に対して・どんな価値を提供するのか、が直ぐに連想できますね。
これがブランドステートメントであり、ブランドの大切な機能です。

 

既存客や、店舗周辺でまだ来店した事がない顧客(私はこれを周辺顧客と呼んでいます)にブランドを通じて“約束する価値”を伝達することが最も重要です。
それに成功すれば、貴方の店舗の“価値”に共感した、最もリピートしてくれる可能性が高いターゲット顧客が来店してくれます。

 

それは、たくさん同業他社が立ち並ぶ中で、クーポンなどよりも、貴方の店舗を利用する強い来店動機となるのです。

 

一度、皆さまのお店のブランドステートメントを明確にしてみてください。
ブランドステートメントが不明瞭ならば、おそらくマーケティング活動(新規集客・リピート集客)も不明瞭になっているはずです。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら