顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/04/25

ジャンボおしどり寿司の破綻から学ぶべき事

またも残念なニュースです。

神奈川県を中心にチェーン展開している回転寿司店「ジャンボおしどり寿司」が民事再生法の適用を申請したとのこと。

 

メニューを見てみると、最近流行りの「100円寿司」ではなく、

100円台から500円台と「全国チェーンの競合店ほど安くもなく、高級店ほど高くもない」中間的な値段設定。

口コミの点数は3点台と平均的ですが、満足度は高めのようです。

 

実は、飲食店に初めて訪れたお客様の74%が満足されているのをご存知でしょうか?

しかし、私が来店データを分析すると実際の新規客のリピート率はそれよりも低い30%前後です。

 

つまり満足しているけれど、リピートしないお客様が44%もいるということになります。

 

これは、外食産業が成熟して「美味しいお店」が溢れており、お客様にとっては数ある「美味しいお店」のひとつに過ぎないということが要因のひとつになっていると思います。

 

だから、徹底的に「安さ」を極めるか、徹底的に「質」を極めるか、どちらかに徹しないと「より良いものを・より安く」という中間を狙った戦略は「二兎を追う者は一兎をも得ず」で結局どちらも取れないということになります。

 

ターゲットを絞ることはオーナーにとって非常に勇気がいる決断だと思いますが、お客様の記憶に残るお店になるためには、ターゲッティングと(忘れられない為の)追客の仕組み化が必要ということを改めて認識させられる記事でした。

 

新規客のリピート率を上げる方法については、下記に詳しく紹介しています。

============================

■満足しているけど来店しない?リピーターを増やす「3回来店定着の法則」

新規来店客の追客は、3回来店までしっかり追うこと!

============================

「3回来店定着の法則」は、私が10数年にわたり来店データの分析を繰り返してきた結果、判明した法則です。
貴店でも、ぜひ実践してみてください。

 

お読みいただきありがとうございます。

 

 

【引用記事】破綻の構図 エコー商事(株)~積極的な店舗展開が経営を圧迫した「ジャンボおしどり寿司」
※上記タイトルをクリックしていただくと、詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら