顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/03/01

「アマゾンエフェクト」による小売業の未来を考える

今回の引用記事は、小売業の未来に関して論じられたものです。

 

個人的に、非常に共感する部分が多かったです。

特に下記の部分。

 

============================

小売業界のデジタル化というと、店舗におけるオペレーションの自動化などに目が行きがちだが、いま起きているのはもっと本質的な変化だ。

 

店舗はブランドのイメージを体現するためのショールームであり、対面の接客は副次的な要素にすぎない。しかし、こうした新しい店舗スタイルにおいては、接客の質も向上するという。

============================

 

オンラインの場合、構造上かならず顧客台帳データが取得できます

そこには、「誰が・いつ・何時に・何を」いったデータが存在している訳です。

そこからライフスタイルや価値観を想定する事も出来ます。

 

そのデータを基に実店舗に誘導することで、より高度な接客が可能になるO2O戦略が展開できます。

 

例えば、購入履歴から判断した関心の高いジャンルの商品に関して、より専門的な情報提供や具体的な利用シーン、更には在庫状況やそのジャンルに詳しい担当者の紹介に至るまでをアプリを通じて提案することができます。

 

それを見て実店舗に来店してきた顧客は、(店舗にとって)かなり質の高い顧客ということになります。
当然、店舗スタッフの接客スタイルも(モノ売りではなく)顧客の利用シーンを想定した提案型の内容に変化させていく必要があります。

 

「アマゾンエフェクト」によって、これからの小売業は、より一層、お客様の経験価値を最大化させる為の顧客台帳経営の発想が重要になってくると思います。

 

顧客台帳経営の成功事例と、利用シーンマーケティングの成功事例を2つ紹介します。

============================

■顧客台帳を基にした集客の成功事例

飲食店におけるVIP客へのご贔屓戦略

============================

============================

■利用シーンを想定した『コト』の販売事例

利用シーンを想定した『コト』の販売事例

============================

いずれも感覚ではなく、顧客データに基づいた科学的な取り組みであることが分かりますね。

 

皆様も、顧客台帳経営を是非実践してください。

顧客台帳経営についての質問は下記からお願いします。

============================

■顧客台帳経営に関するご質問

無料相談

============================

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

【引用記事】小売業界の新たな潮流、「チャネルシフト」戦略の可能性:大広・岩井琢磨氏、オイシックス・奥谷孝司氏

小売業界の新たな潮流、「チャネルシフト」戦略の可能性:大広・岩井琢磨氏、オイシックス・奥谷孝司氏

 

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら