顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/02/28

市場縮小にも負けない「客育」の発想

引用記事は、あるホームセンターで家庭菜園の教室を開催という内容です。

 

これはとても良い取り組みだと思います。
日本の人口は減少傾向にあり、少子高齢化が進んでいます。
世帯数も漸減しており、それに連動して戸建住宅の新規着工棟数も今後更に減っていくと予測されています。

 

「夢はマイホーム」「いつかはクラウン」という昭和の時代、戸建住宅に住み、庭で家庭菜園・・・というのが多くの人々の理想的なライフスタイルだったと思います。
当然、その過程でホームセンターに通い必要な商品を購入する需要が発生します。

 

しかし、今は価値観が多様化し家も車も持たない代わりに、趣味など自分自身が興味あるものにお金をかける、いわゆる「プチ贅沢」市場が伸びています。

 

だから「誰に」というペルソナを詳細に設定するマーケティングが店舗づくりにも集客にも重要になっています。
今回であれば、賃貸住宅などに住んでいて家庭菜園とは程遠い人々に対して、その楽しさに触れて貰うことで将来的なリピーターを育てるという、いわば「客育」を兼ねた取り組みとも言えますね。

 

同じように将来の顧客を育てる育成型のマーケティングを徹底しているアメリカの店舗を紹介します。

============================

■ターゲット顧客は子供?「PCCナチュラルマーケット」

店舗視察事例:PCC ナチュラルマーケット

============================

近所の学校に食材を持っていき無料で食べて貰ってアンケートを取る、子供に人気の商品を店内で知らせる、そのオーガニック食材を使った料理教室を開催する・・・と、添加物や濃い味好きな子供が増えている中、自然食品志向の子供を増やす「食育」を通じて、将来のPCCファンを増やすという「客育」を行っているのがお分かりいただけるかと思います。

 

お客様との関係性を育てるには、PCCの様に客観的なデータに基づいた顧客台帳経営の発想が必要です。
是非、皆様も実施してみてください。

 

顧客台帳に関するご質問などは下記ページからお願いします。

============================

■顧客台帳に関する相談ページ

無料相談

============================

お読みいただきありがとうございました。

 

【引用記事】業界初!ホームセンター店舗でオーガニックスクール事業を実施「DCMオーガニックスクール」2018年3月より開講
※上記タイトルをクリックしていただくと、詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら