顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2018/01/09

ビジネスモデルとしての「サスティナブル」戦略

「Amazonエフェクト」により小売業界は大きな変革を強いられる様になりました。

 

コンビニも、無人化に代表される効率化に徹したサービス展開と、店舗に新しい付加価値を設けたサービス展開など2極化での生き残り策を模索しているようです。

 

「モノ」を売るか「コト」を売るか、これからの小売業は大きな選択を迫られるようになるでしょう。

 

成功するかどうかは別として、「地域密着を強化していくため」というコンセプトで進められているファミリーマートの異業種との「一体型店舗」は興味深いです。

 

引用記事中では、地方における「利便性」を補間し合う協業モデルを紹介していますが、個人的には「健康志向」「美食志向」など明確なターゲットを設定した一体型店舗の展開に期待しています。

 

私が視察したアメリカのニューシーズンズマーケットというスーパーでも同様の取り組みがありましたので紹介します。

============================

■地元のファーマーズマーケットを誘致・協業する「ニューシーズンズマーケット」

店舗視察例:ニューシーズンズマーケット

============================

ファーマーズマーケット(朝市)と食品スーパーといえば、表向きは競合しそうですが、厳密には扱っている商品やサービスうが違います。

 

ニューシーズンズマーケットは「持続可能な社会づくり」を理念としており、それは安全安心な食品だけでなく、地元の雇用や企業の発展も含まれています。

 

ファミリーマートの異業種との「一体型店舗」も、この様なかたちで是非、成功して欲しいと願っています。

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【引用記事】コンビニが進化系店舗に変貌 無人、異業種一体、ジム併設も

※上記タイトルをクリックすると詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら