顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/12/08

ポイントカードは企業にとっても宝の山!

いまや「ポイントカード」は、どこに行っても利用される時代になりました。

 

ポイントカードは、お客様にとってメリットがあるツールですが、一方でRFMデータが取得できるという企業メリットがあるマーケティングツールでもあります。

 

下記の引用記事では、Tカードの運営会社が購買データを分析して「牡蠣好きの人」を選出、その「牡蠣好きの人」を中心に顧客視点で牡蠣の加工食品を作るというプロジェクトが紹介されています。

 

 

「魚介好きが作った、牡蠣好きのための牡蠣加工食品」

 

 

「牡蠣好き」の人にはたまらないコンセプトでしょうね。

私がいつも重要視している「ターゲット顧客」を設定し、企業視点(告知視点)ではなく、消費者視点(知覚視点)で商品を開発するプロジェクト。

 

今回は、被災地支援という社会貢献のプロジェクトの様ですが、マーケティングの観点でも参考になる取り組みだと思います。

 

ターゲット顧客を、より具体的に設定することで、その利用シーンがより明確にイメージできるようになります。

「牡蠣好き」だったら、どう食べたいのか=どういうシチュエーションで「美味しさ」や「満足感」「幸福感」を感じるのか、といったストーリーを明確にすることが可能になります。

 

これを「モノ」ではなく「コト」を売る「コトマーケティング」と私は表現していますが、これからの実店舗ではとても重要な取り組みになります。

 

「コト」の告知について記載した記事を紹介します。

 

============================

■販促の反応率アップ!「コト」告知 前編

販促の反応率アップ!「コト」告知 前編

============================

============================

■販促の反応率アップ!「コト」告知 後編

販促の反応率アップ!「コト」告知 後編

============================

 

記事中の成功事例では、引用記事のプロジェクトと同様に商品を消費者がどの様に利用するのか、を意識した告知内容になっていると思います。

 

販促企画やPOPを作る際の参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

 

 

【引用記事】Tカードが「おいしい牡蠣」を生み出す仕掛け

※上記タイトルをクリックしていただくと、詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら