顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/12/04

商品の価値は「伝わらければ」意味がない

結局、AmazonもWal-Martも、O2O戦略に沿って進んでいるわけですが。

 

本日のお話は「告知」です。

 

WEB通販の世界では、購入商品・配送先(個人情報)などの顧客台帳の基データが(仕組み上)必ず入手できるので、古くからデータを使ったCRMが実践されてきました。

 

商品の告知の仕方による広告の開封率や購買率、商品の組み合わせによる継続率(離反率)の変化等など・・・。

 

データ主義というとクールに感じますが、そこにあるのは常に「顧客」の反応を数値化したPDCAサイクルが実践されている訳で、言ってみれば「どう告知すれば、お客様がより興味を示してくれるのか?」といった顧客目線のビジネスを展開していると言っても良いと思います。

 

私は、「知覚品質」という言葉をセミナーでも良く紹介します。

知覚品質とは、「消費者が製品に対して認識している品質のこと」です。

「○○産のお肉」という商品スペックではなく、「どう美味しいのか?」をお客様が理解しないと知覚品質にはなりません。

 

「知らない物は買えない」

 

当たり前ですが、とても重要な事です。

丁寧に「手作業で串打ち」をしても、どんなに「画素数が多いカメラ」であっても、それがお客様に「どんなメリットをもたらすのか?」が上手く伝わらないと、知覚品質にはなりません。

 

お客様が商品やサービスのメリットを「知覚できない」ということは、どんなに『素晴らしい技術』で料理や商品を作っても、「知らない物は買えない」・・・つまり、そのお客様にとっては、その料理(商品)には価値が存在しないという悲しい結果となってしまいます。

 

実店舗のスタッフさんは、今一度「知覚品質」に基づいた告知(コミュニケーション)を見つめなおしてみてください。

 

知覚品質については、下記ページで詳しく紹介しています。

 

============================

■品質の『告知』の仕方に気をつけよう

品質の『告知』の仕方に気をつけよう

============================

 

また、告知の仕方で集客に成功した飲食店の事例です。

============================

■お客様目線の告知で成功した北海道の飲食店

お客様目線の告知で成功した北海道の飲食店

============================

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

【引用記事】リアル店舗化に動くAmazon、狙うは小売業界の王者?

※上記タイトルをクリックしたいただくと、詳細記事をご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら