顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/11/13

地域密着型店舗こそブランドづくりが重要

「名古屋めし」・・・すっかり全国的に有名になりブランドとして定着しました。

 

名古屋めしと言えば、みそ煮込みうどんや味噌カツ、倉トーストなど・・・誰もがこのような具体的なメニューを連想するのではないでしょうか。

 

しかし、この引用記事で注目すべきは全国的なブランディングだけではなく、周辺顧客をターゲットにした「名古屋めし」のアピールに注力している点だと思います。

 

ブランドづくりとは、決して全国的に「有名になること」だけではなく、何かをキーワードにして「思い出して」貰えることも含まれます。

 

最大手チェーン店の様にブランドそのものが浸透していることを『純粋想起』、何かのキーワードがあれば思い出してもらえることを『助成想起』と言いますが、地域密着型店舗としては「味噌カツ」といえば「○○店」だよね・・・という助成想起が来店動機となります。

 

お店の屋号(ブランド)は、何かを「約束する価値」の象徴です。

そこに独自性があれば、「味噌カツといえば○○店」という想起が成立して来店動機となります。

 

意外に、私が「お店の売り(独自性)」をインタビューしても回答に困るお店が多いのですが、周辺顧客へのブランディングの一環として、お店(ブランド)が提供する(約束する)価値とは、いったい何なのかを再考してみてはいかがでしょうか?

 

地域密着型店舗のブランドづくりについては、下記に詳しく掲載していますので見てください。

============================

■地域密着型店舗のブランドづくり

地域密着型店舗のブランドづくり

============================

 

 

【引用記事】JR名古屋駅が進める「名古屋めし強化」の勝算

※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら