顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/11/09

値引きしなくても高く売れる告知手法

うずらの卵の値段が高騰しているようです。

 

焼鳥屋さんでも「うずらベーコン」などでお馴染ですが、食材の値段が高騰したことで、メニューの値上げをするか否か、悩んでいる飲食店も多いとのこと。

 

飲食業界は、良くも悪くも職人気質が高く、生のうずらの卵を仕入れて調理しているとか、串打ち店内で行っているとか、そういうのを「付加価値」として告知し提供することを「良し」としないオーナーが多いと感じています。

 

『何も言わなくても「美味しい」と言わせるのが自分たちの仕事だ!』

 

と、いかにもプロの職人らしい考え方だと思います。

 

しかし一方で、うずらの卵を半熟に仕上げることで「白玉」と称し、ひと通りの定番メニューをオーダーした客に、お薦め提案することでウズラの卵に付加価値をつけ、高値で提供している成功事例もあるのです。

 

ここはひとつ、「告知」の仕方に工夫して付加価値に値段をつける「値上げ」を検討してはいかがでしょうか。

 

「(水煮ではなく)生の卵を仕入れて調理しています。」

「串打ちを当店で丁寧に行っています。」

 

これでは駄目です。

この様な表現を「告知品質」と言います。

店舗(料理人)から表現した告知手法です。

これでは、お客様に伝わる魅力が半減し、値上げどころではありません。

 

逆の概念に「知覚品質」というのがあります。

これは、店内で茹でているから、串打ちを店内で行っているから、「どう美味しいのか」がお客様に伝わる様な表現で告知する品質感の事を言います。

 

ここで、この告知品質と知覚品質について詳しく説明している記事を紹介します。

 

============================

■販促の反応率アップ!「コト」告知 前編

販促の反応率アップ!「コト」告知 前編

============================

 

============================

■販促の反応率アップ!「コト」告知 後編

販促の反応率アップ!「コト」告知 後編

============================

 

特に後編の「やわらかローストビーフ」の事例は、付加価値をつけて値引きせずに売る手法として参考にしていただけるかと思います。

 

是非、実践してみてください。

ありがとうございました。

 

 

【引用記事】うずらの卵が高騰“日本一の産地”を訪ねた

※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら