顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/11/08

『価値』を売るお店づくりで生き残る

Amazonの勢いが止まりませんね。

 

下記の引用記事は、Amazonが他のeコマースサイトを、ソフトウェアで常に監視して、それらより安く売る徹底したコストリーダーシップ戦略を展開するというものです。

その際の値引きに関わるコストについては、自社サイトで販売されている他の業者の商品についてもAmazonが負担するとのこと。

 

徹底した囲い込み戦略。

 

圧倒的な規模の経済性で安さを極めようとする一方で、高級スーパーのホールフーズを買収し付加価値の高い商品を売るという全方位的な戦略も展開していくと私は予想しています。

 

私がこのページで伝えていることですが、店舗関連業者は「経験価値」というものを真剣に考えて「付加価値」を収益に繋げる仕組みを実現しないと生き残れないと思います。

 

経験価値については、改めて下記の記事をご参照ください。

============================

■“モノ”ではなく経験価値という”コト”を売る

“モノ”ではなく経験価値という”コト”を売る

============================

 

付加価値を付けて高く売るというテクニックについては、「クロスマーチャンダイジング」があります。

平たく言うと関連商品の販売です。

 

WEBの世界では「レコメンデーション」などのテクニックでお薦め商品が自動的に表示されたりする仕組みがありますね。

 

しかし、実店舗における「クロスマーチャンダイジング」を展開するには、しっかりとしたターゲット顧客を設定する必要があります。

食品スーパーであれば、ターゲット顧客がどんな食生活をしているのか、家電や趣味の商品であれば、それがどんなシーンで利用されるのか、ターゲット顧客の目線で商品の関連付けをして売り場をつくる必要があります。

 

クロスマーチャンダイジングについては下記をご参照ください。

============================

■客単価を上げる『クロスマーチャンダイジング』 

客単価を上げる『クロスマーチャンダイジング』

============================

 

私が視察したアメリカの成功店舗でも、高所得者を満足させる為に店舗・商品・服装に至るまで徹底している「ズーパンズ」や、環境意識が高い人々に徹底した安全・安心を売る「ニューシーズンズマーケット」など、ターゲット顧客に最適化された店舗づくりができれば、高付加価値・高収益のビジネスモデルが成り立ちます

 

是非、皆さまの店舗で提供する「価値」が何なのか。

それが他のお店にない独自性や優れた要素があるのか、今一度見つめなおしてみてください。

 

お読みいただいてありがとうございました。

 

 

【引用記事】アマゾンの値下げ攻勢さらに続く

※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事がご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら