顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/11/06

くら寿司「インスタ映えメニュー」で思う事

くら寿司さんが、SNSなどでの写真写りを意識した商品を発売するようです。
 
「インスタジェニック」至上主義の波に乗りたいということでしょうか。
「インスタジェニック」とは、インスタグラムとフォトジェニック(写真映えする)を組み合わせた造語です。
 
インスタグラムの利用者層は20代~30代が中心。
男女比は、ほぼ同率。
これらの層が、回転寿司店で「インスタ映え」を求めるのか?
 
ネット上でのコメントを見てみる限り、評判が良いとは言えないようです。
パッと見は可愛いとは思うかもしれませんが、そもそも、くら寿司さんは、どんなターゲット顧客を想定してこの商品を開発されたのかが分かりません。
 
自店の主要顧客層(ペルソナ)が求めているのは何なのか?
具体的なターゲット顧客が設定できておらず、「誰を」「どの様に」喜ばせるべきか、という販促企画の本質から大きくズレていると感じざるを得ません。
 
ここで、より具体的なターゲット顧客を設定することで、貴店の主要顧客層の満足度を高める「ペルソナマーケティング」について紹介します。
============================
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
============================

 

次に、鮮魚店でありながら、ペルソナとして「魚嫌いの人」を設定して大成功したお店を紹介します。
============================
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
============================

 

マーケティングの基本は「誰に」⇒「何を」⇒「どの様に」の順番でストーリーを創っていくことです。
上記の2つの事例は、どちらも「誰に」が明確です。
 
皆さまの店舗でも、販促企画を行う際、「誰に喜んで欲しいのか?」を今一度考えてみてください。
 
ありがとうございました。
 
 
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら