顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/10/19

集客成功の秘訣は顧客を「絞り込む」こと!

下記の引用記事から学べることは、全てのお客様に売ろうとするのではなく、ターゲットとなる顧客層を絞り込んだこと。

 

そして、(私は無理ですが)その「1本のみかんジュースに980円を支払えるお客様」の声を徹底して聞いたこと。

 

農家にしても料理人にしても、そこには並々ならぬ「こだわり」があるはずです。
この谷井農園のみかんは、もともと非常に高い商品力を持っていました。

 

しかし、記事中の谷井農園代表の谷井康人さんは、作り手の「こだわり」を推すプロダクトアウトではなく、徹底してターゲットとなるお客様へヒアリングを行いマーケットインで製品開発を行ったことで値上げしても取引を継続できたのです。

 

なぜなら、そもそもターゲットとなるお客様が「付加価値」に対価を払う方達だから。
そしてそれに慢心せず、さらに(ターゲット顧客が)満足する付加価値を創り出す為にに投資を惜しまないという姿勢が成功を生み出した事例だと思います。

 

この好事例を店舗集客に活かせないでしょうか?

 

ここで、私がインタビューした北海道の飲食店の事例を紹介します。
このページでも何度か紹介しましたが、このお店は札幌市内にある居酒屋さんです。
集客の一環として、特定メニューを安く提供するなどの広告を出していたのですが、反応率が芳しくありませんでした。

 

この様な話は日本中どこにでもありますが、ここの店主は「なぜ、この広告に反応してくれないのか?」を、お客様自身に聞いてみたのです。

 

そこで返ってきた回答とは何だったのか?
それを基にどう集客手段を変えたのか?
下記の記事をご覧ください。

 

■ターゲット顧客(常連客)へのヒアリングを基に集客手段を変えて成功した飲食店事例。
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。

 

皆さまの店舗集客の参考になれば幸いです。
ありがとうございました。

 

 

【引用記事】”1本980円みかんジュースが赤字”の理由
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら