顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/10/17

日米の店舗づくりから学ぶ「働き方」

稲盛和夫さんの本は何冊か読んだことがあります。
その中で書かれている内容は、精神論というか「働き方」に対する心の在り方を説いたものが多いと感じました。

 

私が普段セミナーで話している内容は、単なるマーケティングの技術論にすぎません。

 

しかし、私が2007年と2016年にアメリカの成功店舗の視察に行った際に、一番強く感じたことは「従業員が活き活きと働いている」ことでした。

 

彼らは「このお店で働けることに誇りを持っています」と堂々とした言葉で伝えてくれました。
そして、従業員が活き活きと働ける組織的な仕組みが実現されていたのです。

 

アメリカの成功店舗の特徴のひとつとして、店舗スタッフに一定の裁量権が与えられていることが挙げられます。
「お客様満足」が「客数増加」に繋がることを知っている彼らは、「お客様満足」のために各々が考えて行動することを本部から許されていました。
しかし、同行していた日本の経営者は「現場をここまで信頼できない」と言っていたのを覚えています。

 

「これからもこのお店で働きたい」と従業員が思える土台があってはじめて、お客様に「ハッピーな体験」を提供する仕組みづくり(技術論)が活きてくるのではないかと思います。

 

これに関連して、私がアメリカの成功店舗視察に行って気がついた売り場と組織づくりの違いについてまとめました。

 

■日米の売り場・組織づくりの違い
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。

 

ありがとうございました。

 

 

【引用記事】KDDIが成功した「たったひとつ」の理由
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら