顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/10/11

ステーキハウス「ケネディ」破産から学ぶクーポンの活用方法

都内を中心に27店舗を展開するステーキハウス「ケネディ」が破産してしまいました。
 
立地や競合店の存在など、要因は様々なところで分析されていますが、そのひとつとして「半額クーポン」の存在があると思います。
 
関東以外の方には知名度が低いかもしれませんが、このお店の口コミなどを見ていると「半額券があったので友達を誘って」「半額クーポンを利用して・・・」と「半額クーポン」の知名度と使用率が非常に高い事が分かります。
 
実際に「半額クーポン」を店舗近隣の住宅にポスティングしており、それが常態化していた(常態化せざるを得なかった)ようです。
 
クーポンは上手く使えば効率的に集客できますが、乱発すると「バーゲンハンター」が増えるばかりになります。
バーゲンハンターは、クーポンを止めた途端に他店にスイッチします。
理由が「半額クーポン」でしかないからです。
 
飲食店の80%を超えるお店で「クーポン」が発行されていますが、その内70%に近い飲食店が「クーポンを発行してもリピーターが増えなかったと回答しています。
 
ここで、クーポンを「リピーターの獲得」といった目的を果たし効果的に活用した事例を紹介します。
 
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
 
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
 
特に上記カフェではVIP離反が約1/4に減少したばかりでなく、VIP客の来店サイクル改善にも成功しました。
クーポンは、対象客と目的を絞って慎重に活用した方が良いと思います。
 
 
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。
      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら