顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/09/13

お店の独自性を生み出す、顧客の「ターゲッティング」戦略

地場チェーン店や個店が大手チェーン店に対抗するためには、ターゲット顧客を絞って独自性を出していく事が重要だと思います。

 

ポートランドで成功している地域密着型スーパーは、「高所得者向け」とか「環境意識が高い人向け」などターゲットとコンセプトが明確なお店ばかりでした。

■「高所得者」への「食事提供者」として展開するズーパンズマーケット
■「環境意識が高い人」へ「ハイパーローカル」をコンセプトに展開するニューシーズンズマーケット
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。 

 

ターゲットマーケティングをもう少し発展させた考え方として「ペルソナマーケティング」というのがあります。
これは、お店にとって理想的な顧客像を設定し、そのライフスタイルや趣味嗜好に沿ったお店・商品・サービスを展開するというものです。

■ターゲット客を限定することで成功したスープストック
※上記タイトルをクリックしてください。詳細記事をご覧いただけます。


そういう意味で、このセイコーマートさんも『ワインならセイコーマート』とターゲットとコンセプトが明確ですね。


ブランドステートメント(企業のブランドが掲げる理念や使命を簡潔な文 として表したもの)というものがありますが、セイコーマートさんの『ワインならセイコーマート』がまさにそれです。


皆さんのお店のブランドステートメントは何でしょうか?
それは独自性や強みとして通用する内容でしょうか?
今一度考えてみてください。


アマゾンだグーグルだ・・・と大手の攻勢が目立つ中、こういう個性あるお店の奮闘ぶりは非常に勉強になります。

 

【引用記事】コンビニ業界の顧客調査でトップ独走!北海道内外へ満足拡充する「セイコーマート」のセコマ・丸谷智保社長
※上記タイトルをクリックしてください。

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら