顧客台帳コンサルタント
田中潮のオフィシャルサイト

顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】 顧客台帳コンサルタント 田中潮 オフィシャルウェブサイト【思わず試したくなるお店のための顧客台帳活用講座】

2017/06/22

店舗視察例:ウィンコフーズ

今回は、ポートランドにある「ウィンコフーズ」というお店を紹介します。

 

こちらは、独自戦略を採用した革新的スーパーではなく、価格戦略型の伝統的なスーパーです。

では、なぜこのスーパーを紹介したのかというと、「安さ」という戦略が徹底されているから。

 

昭和の時代、多くの人々が「夢のマイホーム」や「マイカー」を追い求めていた時代、消費者は(それ以外の)余計な出費を出来るだけ抑える努力をしていました。
だから小売の機能は「より良いものを、より安く」つまり“安さ”がバリュー(価値)であり小売の使命だった訳です。

 

しかし、今は価値観が多様化し、若者のマイホーム離れ・マイカー離れが深刻な現代。
家は買わない代わりに身の回りの物にお金をかける、いわゆる“プチ贅沢”の市場がこの10年ほどで伸びてきました。
つまり「安さを極めるか」「品質を極めるか」どちらかで独自性を出さないと、生き残るのは難しい時代と言えます。

 

そこで今回は「安さ」を極めたお店を紹介します。

 

このウィンコフーズは、アメリカで75店舗を展開している24時間営業のスーパーです。
ここの特徴は「プライシングチーム」という値決めをする専用の部門があることです。

 

日本だと、基本的には部門担当者が競合店を調査して細かな値決めをすることが多いですが、ウィンコフーズでは専門チームが行います。
そして、「ウォルマート○○ドル・セーフウェイ○○ドル」と徹底的に比較広告を売場に掲示します。

 

また、仕入れたものをそのまま陳列するFRMという方式で、売り場づくりのコストを削減。

※FRM(フロア・レディ・マーチャンダイジング):売り場にケースのまま陳列することで、品出しの人件費や労力を低減させる方式。

 

更に、バルク販売(はかり売り)を大胆に取り入れてパッケージングにかかるコストも削減。
ウォルマートのスケールメリット   に対して、徹底的に値段で対抗するコンセプトがしっかり感じられるお店でした。

 

皆様の店舗のコンセプトは明確になっていますか?

 

店舗外観

 

徹底した価格調査

 

ケース陳列

 

バルク販売(はかり売り)

      

お店のためになる
顧客台帳活用
メルマガ全10回

顧客台帳の活用ノウハウや、顧客台帳データを活用することで売り上げ180%を達成した販売促進の成功事例などを、全10回にわたりお届けします。

田中 潮

店舗向け顧客管理システム営業、地域密着型成功小売店のアメリカ視察を経て、10年以上に渡り店舗業向けのデータ分析・マーケティングアドバイス業務を行う。
理論だけでない、具体的な事例を多数紹介したセミナーは参加者から高い評価を受けている。

詳しいプロフィールはこちら